本文へ移動

コラム11

コラム

防水工事で雨漏りを防ぐ!見積もりはお気軽に~防水工事と塗装工事の違いとは?~

雨漏りの対策として行う防水工事ですが、同じく外壁に施す塗装工事と何が違うのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

似ているように感じるこの2つはそれぞれ異なる意味合いがあります。防水工事と塗装工事の違いをご紹介するとともに、防水工事で形成する防水層の役割をご紹介します。

防水工事と塗装工事の違い

手をあげている女性
防水工事

防水工事は、屋根、屋上、ベランダなど様々な個所の防水層形成や、外壁のヒビ割れの修復を行うことで、建物に水が浸入するのを防ぐ目的があります。

塗装工事

塗装工事は、建物を様々な外的要因から守るとともに、美観を維持することを目的としております。塗装工事に使用される塗料のほとんどに防水効果があるため、塗装の塗り替えを行うことによって、ある程度は雨水の侵入を防ぐことができます。

上記を見ると、塗装工事で充分なのでは?と思われるかもしれませんが、雨漏りが発生している場合や、万全な防水対策が必要な箇所の場合は、防水に関する専門知識が豊富な専門業者に任せるのが得策です。なぜなら、雨漏りが外壁や屋根以外の箇所から発生している場合、外壁や屋根に塗装を施しただけでは解決できない可能性もあるからです。

そのため、しっかりと原因と状況を把握するだけでなく、専門知識に基づいた適切な工法を選択する必要があります。防水性能が高ければ、建物を長持ちされることができ、結果として施工費用の削減に繋がります。株式会社カワタコーポレーションは、防水工事のプロとして様々なお悩みに対応いたします。見積もりをご希望の方はお気軽にご連絡ください。

防水層はどのような役割がある?

防水工事では前述したように、劣化した防水層の修復を主に行います。防水層は、雨水が建物内部に侵入するのを防ぐ重要な役割を担っているものです。雨水のほとんどは表面の材料によってはじかれるため、建物内部に侵入することはありません。

しかし、材料の隙間やヒビ割れや材料の隙間を埋めているシーリング材の劣化箇所があると雨水が内部まで侵入してきます。そのように、表面では防げなかった雨水を食い止めるのが防水層となります。建物の構造体自体に雨水が侵入すると、建物の劣化を早めてしまい、大がかりなリフォームや建て替えが必要になる可能性もあるのです。

防水層は目視では確認できませんが、建物の保護に対する重要な役割を担っているため、定期的なチェックを行い、都度修復していくことが大切です。

株式会社カワタコーポレーションでは、施工の革命として一躍脚光を浴びるジェットスプレー工法の施行を行っております。雨漏り対策をお考えの方はぜひご検討ください。

防水工事で雨漏りを防ぎたい方は株式会社カワタコーポレーションへ!~見積もり依頼はお気軽に~

ジェットスプレーをしている男性

以上、防水工事と塗装工事の違い、防水層の役割をご紹介しました。雨漏り対策がしたい方は、画期的なジェットスプレー工法での施工が可能な株式会社カワタコーポレーションにお任せください。

ジェットスプレー工法は、水蒸気透過性を有しながら、一切の継目のないシームレスコーティングの防水膜を形成するシステムです。シンプルな工法のため施工価格が安いのもジェットスプレー工法の特徴です。費用が気になる方はお気軽に見積もりをご依頼ください。

雨漏りでお困りなら防水工事を行う株式会社カワタコーポレーションへ

会社名 株式会社カワタコーポレーション
住所 〒636-0051 奈良県北葛城郡河合町川合768番地(奈良本社)
TEL 0745-58-2121(奈良本社)
FAX 0745-60-1142(奈良本社)
URL http://jetspray.co.jp
代表者 代表取締役 河田 一人
設立年月日
  • 創業:平成元年07月
  • 設立:平成06年04月
業務内容
超高速化ウレタン防水吹付工法「ジェットスプレー」の施工及び販売営業。
・ジェットスプレー工法の施工
・施工代理店の拡張(募集)及び指導
・ジェットスプレー材料及び商品の販売
・ジェットスプレーSYSTEM車のリース(大規模施工用)
超高速化ウレタン防水吹付工法「ダイレクトスプレー」の施工及び販売営業。
・ダイレクトスプレー工法の施工
・施工店の拡張(募集)及び指導
・ダイレクトスプレー材料及び商品の販売
株式会社カワタコーポレーション
〒636-0051
奈良県北葛城郡河合町川合768番地
TEL.0745-58-2121
FAX.0745-60-1142
0
0
3
0
5
4
TOPへ戻る