本文へ移動

コラム19

コラム

関西で防水工事をお考えの方へ~雨漏り防止で建物を長持ち!防水工事の種類と特徴~

「建物にはなぜ防水工事が必要なの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるでしょう。「水」は、建物を劣化させる大きな原因になります。

こちらでは、防水工事の必要性についてお伝えします。また、防水工事にはどのような工法があるのかも併せてご紹介いたします。関西エリアで防水工事を行っている塗装会社をお探しでしたら、本物志向を追求する株式会社カワタコーポレーションをご利用ください。

当社は、関西で次世代を担う施工法として、ジェットスプレー工法での塗装を採用しております。

建物を長持ちさせよう!防水工事の必要性について

両手で持っている家の模型

雨漏りを防ぐことは、建物を長持ちさせるために重要な項目の一つです。建築時にしっかりと防水加工を施していても、経年劣化によって防水効果は落ちていきます。防水効果の低下は、雨漏りの発生だけでなく、雨漏りによって雨が内部に侵入することで建物全体にも悪影響を及ぼします。

木造建築の場合、建物全体を支える柱や梁が腐食して耐久性が低くなってしまいます。コンクリート建築物の場合、長時間雨に打たれることでセメント成分が流れ出し、劣化します。

劣化するとコンクリートの表面が剥がれ落ちたり、大きな石がいくつも表面に現れるようになったりします。さらに劣化が進むと、コンクリート内部の鉄骨が錆びてしまい、大掛かりな補修や補強工事が必要になる場合もあるのです。

防水工事の種類と特徴

三本の指を差している女性

防水処理には様々な工法があり、それぞれに特徴があります。一般的な防水工法は、大きく分けて以下の3つに分類することができます。

塗る工法(塗膜防水)

液状の防水材料を塗り、化学反応により防水膜を作る工法です。液状のため、狭い場所や凸凹している場所、細かい作業が必要な場所に有効です。いろいろな場所で施工できるのが特徴です。

貼る工法(シート防水)

ゴムや塩ビ(塩化ビニル)でできたシートを下地に貼り付ける工法です。1枚のシートで防水ができるという簡便性が最大のメリットで、比較的安価であるため応急処置としても有効です。

塗る+貼る複合工法(アスファルト防水)

液状の溶解アスファルトと防水性の高いアスファルトシートを貼り重ねる工法です。熱工法やトーチ工法、常温工法など工法はいくつかありますが、いずれも防水層が厚く連続しているので水密性が高いのが特徴です。

関西で防水工事を行っている株式会社カワタコーポレーションは、ジェットスプレー工法に対応しております。塗膜厚調整が自在にでき、複雑な形状でも継め目のない防水層を形成できるのが特徴です。また、適度な呼吸性を有しているため、完全密着施工が可能です。

関西で防水工事を依頼するなら株式会社カワタコーポレーションへ

防水加工は建築時にだけ行っていれば良いというものではありません。建物を長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスとして防水塗装を行うことが大切です。

関西で防水工事をお考えでしたら、株式会社カワタコーポレーションへご相談ください。ジェットスプレー工法は、マンションやビルなどのコンクリート建築物に適した工法です。施工内容についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関西で防水工事を行う業者をお探しなら株式会社カワタコーポレーション

会社名 株式会社カワタコーポレーション
住所 〒636-0051 奈良県北葛城郡河合町川合768番地(奈良本社)
TEL 0745-58-2121(奈良本社)
FAX 0745-60-1142(奈良本社)
URL http://jetspray.co.jp
代表者 代表取締役 河田 一人
設立年月日
  • 創業:平成元年07月
  • 設立:平成06年04月
業務内容
超高速化ウレタン防水吹付工法「ジェットスプレー」の施工及び販売営業。
・ジェットスプレー工法の施工
・施工代理店の拡張(募集)及び指導
・ジェットスプレー材料及び商品の販売
・ジェットスプレーSYSTEM車のリース(大規模施工用)
超高速化ウレタン防水吹付工法「ダイレクトスプレー」の施工及び販売営業。
・ダイレクトスプレー工法の施工
・施工店の拡張(募集)及び指導
・ダイレクトスプレー材料及び商品の販売
株式会社カワタコーポレーション
〒636-0051
奈良県北葛城郡河合町川合768番地
TEL.0745-58-2121
FAX.0745-60-1142
0
0
3
0
5
4
TOPへ戻る